むちうちなら東十条駅前整骨院

東十条駅前整骨院

四十肩・五十肩


悩みタイトル

  1. 明るい挨拶

    40代、50代を過ぎたあたりから、こんな事はありませんか?
    肩の動作時痛。ちょっとした動きでも痛みを生じたり、痛みが出てから何日も治らない事や、違和感くらいだったものが時間が経って明確な痛みに変わるなど。
    夜間痛。痛みが原因で1,2時間以上眠れないという状態が数か月から1年以上続くこともあります。
    肩が上がらない。老化によって肩関節の周りの筋肉や腱から滑液が上手く出てこなくて滑りが悪く、肩が上げにくくなったりします。
    結髪動作ができない。
    腕にまで痛みがある。
    ①〜⑤までの症状が続くと
    関節包に線維化し肩の可動域が著しく狭くなります。そうなってしまうと、つり革が持てなくなったり、寝返りをしても痛みで起きてしまったりなど日常生活に支障がでてきてしまいます。

  2. 四十肩・五十肩に対する当院の考え

    明るい挨拶

    当院の四十肩、五十肩に対する考えとして、まず治療適応なのか、そうでないのか視診、触診、検査法を用いて判断します。手技治療しても症状変化が少ないのなら1度整形外科受診を勧めさせていただいております。四十肩、五十肩といっても大まかな総称になりますので、石灰化しているものもあれば、肩関節に異常をきたさないものもあります。
    肩が上がらない、痛いから四十肩、五十肩と判断するのではなく、しっかりと診たうえで判断させていただいております。また、症状に対するアプローチとして鍼、電気、肩甲骨はがしなど多くの治療法もあります。

  3. 四十肩・五十肩を放っておくとどうなるのか

    明るい挨拶

    四十肩・五十肩は急性期、慢性期、回復期の三期に分けられます。急性期とは腕を上げた時などに肩に激痛が走り、夜寝る時に痛みが起こる「夜間痛」が起こる事が特徴でもあります。急性期の間はとにかく無理をせずに安静にしておく事が大切です。そうすれば大体の場合は数日で痛みが治ります。急性期の痛みが治ると続いて慢性期に入ります。この期間の過ごし方が大切です。慢性期は急性期と違い肩の激しい痛みはありませんが、肩関節の拘縮により可動域が狭くなります。肩関節の可動域が狭くなっている為、動かした際に鈍い痛みが起こりますが、それを嫌がり肩を全く動かさない生活を続けていると更に肩関節の可動域が狭まり、日常生活動作(ADL)を行う事が難しくなり、最終的には手術という選択肢しか残らない場合もあります。慢性期にしっかりケアを行えば順調に回復期に向かう事が多いので、慢性期の過ごし方が重要だと考えられます。

  4. 四十肩・五十肩の改善方法

    明るい挨拶

    四十肩・五十肩(肩関節周囲炎)の改善方法はそれぞれ3つの病期に応じて適した処置を行う必要があります。まず炎症期においては、運動を制限して無理に動かさないようにしましょう。サポーター等を用いて固定しても良いでしょう。特に冬は肩が冷えやすいので、入浴時に肩まで湯につかる、就寝時に布団から肩が出ないようにする、など注意が必要です。また拘縮期では、ホットパックや赤外線などの温熱療法を行い、可動域に応じたストレッチを他動運動で行います。そして解氷期には、拘縮が寛解して夜間痛も改善してくるので、徐々に自動運動を増やし、ストレッチを続けながら可動域を拡大していきます。

  5. 四十肩・五十肩の改善に効果的な当院の施術メニューは?

    姿勢矯正

    四十肩•五十肩の症状、状態、発症してからの期間にもよりますが、炎症が強い初期には疼痛緩和を目的に鍼治療、治療用EMSが効果的です。
    次に拘縮期と言われる中期では炎症が落ち着きますが、関節包などの軟部組織の変化、筋肉が硬くなり可動域が狭くなるため筋肉の柔軟性や可動域の狭小を抑えるために鍼治療・治療用EMS•肩甲骨はがしが効果的です。
    最後に回復期では炎症とそれに由来する疼痛も消失しているので先程紹介した鍼治療•EMS•肩甲骨はがしとともに楽トレ•猫背矯正•矯正治療など身体を正常な位置や状態にするメニューがおすすめです。

  6. その施術を受けるとどう楽になるのか

    明るい挨拶

    鍼治療を行うとその部位の血行が良くなり、傷めた組織の修復や細胞の活性化が行われ痛みが軽減したり筋肉が緩みます。初期の炎症が強い段階では、炎症部から離れたところに鍼を打ち血行が良くなる作用を利用して炎症を散らして辛さを軽減させます。
    また、筋肉を緩めることによって肩の動き易さの改善に繋げることが期待できます。
    EMSには除痛効果があり初期の炎症による強い痛みに効果があります。また電気の作用によって筋肉が動かされるため筋肉が固まりにくくなります。

    改善するために必要な施術頻度は?

    明るい挨拶

    痛みの出るうちは、なるべく詰めて通っていただいた方が身体への負担も少なくできますし、治りも早いです。そして、痛みが無くなってきたら、頻度を少しずつ減らしていき、痛みが出るから治すのではなく、痛みの出ない身体作りをしていく必要があります。ですが、仕事や家事、育児などで詰めて通うのが難しい方もいらっしゃると思いますが、最低限、週に一回は通っていただき、回数を重ねて欲しいです。

▲ページの先頭へ戻る

東十条駅前整骨院のご案内

【住所〒114-0001 東京都北区東十条4-5-23 【電話】TEL:03-3927-0335

東十条駅前整骨院景観
受付時間 土・日・祝
10:00 ~ 13:00 8:00 ~ 12:30
15:00 ~ 21:00 15:00 ~ 17:00

年中無休で営業しております。


当院までの地図

JR「東十条駅」徒歩2分

詳しい案内は「所在地・地図」で
ご覧になれます。

浮間、王子、豊島など広く地域の方にお越しいただいております。

○ JR東北本線「東十条駅」から東十条駅前整骨院までの道のりです。

JR「東十条駅」→ 2分
北口改札を出て右に進みます
1.北口改札を出て右に進みます
駅を出て目の前の商店街を直進します
2.駅を出て目の前の商店街を直進します
左手にドトールさんローソンさんがありますのでその間が当院です
3.左手にドトールさんローソンさんがありますのでその間が当院です

花粉症治療行ってます。

こんな症状でお悩みの方へ

当院のこだわり

当院について

東十条駅前整骨院ブログ

クレジットカードがご利用いただけます。

ご年配の方、女性の方も気軽に入れます

東十条駅前整骨院には、東京都北区の東十条・神谷・中十条・岸町などの地域から多く来院されています。

混雑状況テーブル

お気軽にお問い合わせください
  • JR東十条駅から 徒歩2分!

    03-3927-0335

    電話予約できます!(受付時間内)

  • お問い合わせフォームへ

    メールフォームからのお問い合わせは24時間受付しております。

▲TOPへ

当院ではLine@からご予約・お問合せが出来ます。

Line@では、予約空き状況の確認、予約が取れる、予約の変更、お得な情報、さまざまな特典が受けられますのでぜひ、ご利用ください。

WEBフォームから受付けする

当日ご予約の方